ハンターパイオニア有害鳥獣捕獲研究会

イノシシをメインとした有害鳥獣捕獲に関する記録

2013年10月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2013年新型 踏み板式の有害鳥獣捕獲檻発売開始(主に猪・鹿用)

特許出願中 動物(猪・鹿)捕獲用檻



 20年以上猪、鹿の捕獲用箱型捕獲檻を糸引き式で使ってきた山を知り尽くしたハンター、丹羽一郎。 

 荷重で扉が落ちる踏み板式のほうが小物から大物まで一網打尽に捕れるのは以前から知っていたのですが、捕獲檻のサイズが限られている事もあり、まとめて捕れなくても十分な成果があるので継続して糸引き式を使っていました。

 糸引き式では大物猪を狙って捕獲檻をセットしておいても、小さな猪やたぬき、その他小動物が糸を引っ掛けてやすく、セットには経験が必要です。

 この糸引きの仕掛けの位置を小動物では引っかかりにくい高さにセットする事で体の大きさに応じた獲物を狙えるのですが、なぜか大物は檻の中にセットした「糸」を必要以上に警戒し、踏み板式に比べて捕獲に至るまでの日数がかかります。

 その為、そういった知恵の付いた猪などは捕獲するまでに非常に日数を要する結果になります。

 そこで、小さな動物が捕獲檻に入っても簡単には扉が閉まらない方法や糸の位置変更、糸の種類変更など糸引き式改良を思案していたのだけど、踏み板式であれば荷重の調整だけで問題が容易に解決となるので、2013年より踏み板式での捕獲檻の販売に至りました。



扉のレールを折りたたんだサイズは軽トラックに楽に積み込み出来る約1m×1m×2m。
扉のレールが折りたためるので木々の生い茂る山中の移動や積み降ろしが容易。

慣れると一人で軽トラックへの積み降ろし可能ですが、電動ウインチの付いたダンプ可能な軽トラックが便利です。 使っています。
猪などの積み降ろしも電動ウインチあると楽々です。 



 



 2013踏み板式捕獲檻022
 檻の扉には目隠し用のベニヤ板を取り付けています。
目隠しが無いと猪が勢いよく扉に体当たりします。大物なら扉が壊れるので安全のため取り付けるのが良い。目隠し用のベニヤ板は別売です。
 上の写真は内側に黒色プラ製板、外側に灰色ベニヤ板を取り付けています。


2013踏み板式捕獲檻021  
別角度から撮影。



2013踏み板式捕獲檻008 
罠が作動し、扉が閉じた状態。両扉が同時に閉まります。



2013踏み板式捕獲檻009
さらに扉のレールを折り曲げた状態。この状態であれば軽トラックに積込んで木々の生い茂る山中を移動する場合でもレールに引っ掛けて檻が破損したりする事故が減ります。




踏み板単体を撮影。



2013踏み板式捕獲檻001

今まで使っていた捕獲檻に踏み板の取り付けを済ましたところ。


 2013踏み板式捕獲檻000
別角度から撮影。



2013年10月現在は6台所有。11月15日からは毎日の見回り(扉、餌、足跡のチェックなど)必要です。猟期以外では有害鳥獣駆除で使っています。
踏み板式に変更したので小物が入って扉が閉まる回数が減るはずなので1箇所あたりの手間や時間は格段に短縮できるはず。


1、有害鳥獣捕獲檻 踏み板式セット価格は¥136,500円。

2、有害鳥獣捕獲檻 檻単体価格は¥105,000円。

3、有害鳥獣捕獲檻 踏み板単体価格は¥31,500円。

・金額は消費税込みの表示です。
・大量注文、毎年追加など多数の注文では割引も可能になります。
・価格は鉄材料の価格変動や消費税率変動の他、色々な要因で変わることがあります。
・詳しくはお問い合わせください。



特許出願中 動物(猪・鹿)捕獲用檻

出願人 丹羽一郎

出願番号 特許2013-212576

656-0306 兵庫県南あわじ市松帆慶野401-2

0799-36-2870 携帯080-6177-2816

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。